前のページに戻る

マスクの着用について

更新日:2022年8月4日

新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用は従来同様、基本的な感染防止対策として重要です。一人一人の行動が、大切な人と私たちの日常を守ることにつながりますので、適切なマスクの着用をお願いします。

 

屋外・屋内でのマスク着用について

〇屋外では、人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合や距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

〇屋内では、人との距離(2m以上を目安)が確保できて、かつ、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

屋外・屋内でのマスク着用について



子どものマスク着用について

〇人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合、マスクを着用する必要はありません。また、就学前のお子さんについては、マスク着用を一律には求めていません。

〇就学前児(保育所・認定こども園・幼稚園など)

・2歳未満はマスクの着用は推奨しません。

・2歳以上の就学前の子どもは、他者との距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めていません。

こどものマスク着用について

熱中症に注意しましょう

〇屋外ではマスク着用により、熱中症のリスクが高まりますので、マスクを外しましょう。 

※特に運動時には、忘れずにマスクを外しましょう。屋外での散歩やランニング、通勤、通学等もマスクの着用は必要ありません。

 熱中症予防×コロナ感染防止


 

マスク着用ができない方への配慮

発達障がい、感覚過敏、皮膚の病気及び呼吸器の病気等の様々な原因で、マスクをつけると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変が生じてしまう方々がいらっしゃいます。そのため、マスクをつけたくてもつけられない方は、周囲から厳しい視線や心無い批判を受けることがあります。

このような特性や事情により、マスクをつけられない方へのご理解をお願いいたします。

 

気をつけるポイント

〇高齢の方と会う時や病院に行く時は、マスクを着用しましょう。体調不良時の出勤・登校・移動はお控えください。

〇夏場は、熱中症防止のため、マスクが必要ない場面では、マスクを外しましょう。

〇マスクを着用しない場合であっても引き続き、手洗い、「密」の回避等の基本的な感染対策を継続しましょう。

 

【参考資料】

 ※詳しくは厚生労働省ホームページを参照ください。マスクの着用について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

【新型コロナウイルス感染防止策について】


 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

上天草市役所 健康福祉部 健康づくり推進課 母子保健係
電話番号:0969-28-3376この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る



広告欄

  • バナー広告
  • 上天草物産館 さんぱーる
  • バナー 天草ケーブルネットワーク
  • 市ホームページのバナー広告を募集中!詳細ご案内ページへ移動します

四郎くんがお答えします ごみの分別・窓口業務についてのお問い合わせはここをクリック