前のページに戻る

天草四郎ミュージアムおよびその周辺の見どころ その5

更新日:2016年3月11日

南蛮屏風の拡大模写


南蛮屏風は、桃山時代から江戸時代初期にかけ、日本での貿易品荷揚げ、カピタン(商館長)の行列と出迎える宣教師たちを描いたもので、鮮やかな色彩と細部に渡る入念な描写が特徴です。

当館では、この南蛮屏風を壁一面に渡って再現しています。

この大迫力の展示は、天草四郎ミュージアムここでしか感じることができません。

近くで見ても繊細に描かれていますので、当館へお越しの際はゆっくりご覧ください。

屏風



 


お問い合わせ 

天草四郎ミュージアム
電話番号 0964-56-5311


前のページに戻る



広告欄

  • バナー広告
  • 上天草物産館 さんぱーる
  • バナー 天草ケーブルネットワーク
  • 市ホームページのバナー広告を募集中!詳細ご案内ページへ移動します

四郎くんがお答えします ごみの分別・窓口業務についてのお問い合わせはここをクリック