前のページに戻る

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年6月4日

〜一人ひとりができる感染防止対策を知っておこう〜

市民の皆さまへ

 令和2年5月25日に全国の緊急事態宣言が解除されました。

 感染拡大を防止するために、今後も、こまめな手洗い、換気を行う、咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる)、マスク着用などの実施がとても重要です。適切に実施し、感染症対策に努めていただくようお願いします。

 また、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染された方々やその家族、医療従事者等に対する誹謗中傷やインターネット上への心ない書き込みがなされるなど、人権を侵害する事象が見受けられます。市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報を入手し、人権侵害につながることのないよう、正しい情報に基づいた冷静な行動をとっていただくようにお願いします。

 外出自粛について


 コロナ感染予防

  

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」について

 新型コロナウイルスの出現に伴い、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた生活様式を実践していく必要があります。これは、従来の生活では考慮しなかったような場においても感染予防のために行うものです。

 新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。そのためには一人ひとりの心がけが何より重要です。

 具体的には、人と身体的距離をとることによる接触を減らすこと、マスクをすること、手洗いをすることが重要です。市民お一人おひとりが、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくことで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながるものと考えます。

新しい生活様式(PDF 約349KB)

 

感染を予防するには…

  • 石鹸やアルコール消毒液などによる手洗い
  • 正しいマスクの着用を含む咳エチケット
  • 多くの方が集まる人込みや公共交通機関の利用を控える

【啓発資料】印刷してご使用ください。
・感染防止対策について(PDF 約729KB)    

 

感染防止対策

気をつけよう!集団感染を防ぐために

新型コロナウイルス感染症の地域での対策として、クラスター(集団)の発生を防止することが重要です。

クラスター(集団)の発生リスクを下げるための3つの原則
  1. 換気を励行する:窓のある環境では、可能であれば2方向の窓を同時に開け、換気をします。
  2. 人の密度を下げる:人が多く集まる場合には、会場の広さを確保し、お互いの距離を1〜2メートル程度あけるなどして、人の密度を減らします。
  3. 近距離での会話や発声を避ける:周囲の人が近距離で発声するような場を避けてください。やむを得ず近距離での会話が必要な場合には、自分から飛沫を飛ばさないよう、マスクを装着するなどしましょう。

 これらに加えて、こまめな手洗いと咳エチケットの徹底、共用品を使わないことや使う場合には、充分な消毒に心がけましょう。

【啓発資料】印刷してご使用ください。

「密」を避けて外出しましょう(PDF 約93KB)

 

熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(コールセンター)の設置について

 熊本県では、これまで、県保健所(10か所)と県庁に相談窓口を設置し、新型コロナウイルス感染症の疑いがある方からの問い合わせ等に対応してきましたが、この度、専用相談窓口を開設し、一元的に対応することとなりました。

熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(コールセンター)

電話:096-300-5909 

(24時間対応)

 熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(PDF 約896KB)

   新型コロナウイルス感染症の疑いを有する方からの相談対応、新型コロナウイルス感染症に関する情報提供、新型コロナウイルスの疑い患者を診察する医療機関(外来)への受診調整を行う保健所へのつなぎ等を行います。

 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には直接病院には行かず、すぐに「相談窓口」に電話でご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状がある場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患、(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

※症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

  •   新型コロナウイルス感染症のクラスターの一員に該当する

※症状の有無や接触した日からの経過日数は問いません。

 相談窓口へ相談の結果、専門の医療機関への紹介があった場合には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をし、公共交通機関の利用を避けて受診をお願いします。また、複数の医療機関を受診することはお控えください。

 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(PDF 約55KB)


  詳しくは、以下をご覧ください。

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

上天草市役所 健康福祉部 健康づくり推進課 母子保健係
電話番号:0969-28-3376この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

ライフシーンから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 就学
  • 成人
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • 就職・退職
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • 防災・災害

くらしのガイドから探す

  • くらし・環境・まちづくり
  • 人権・学び・文化・スポーツ
  • 健康・福祉・介護
  • 経済・産業・雇用
  • 行政情報
  • 補助・助成

行政に関する情報から探す

  • 施設案内
  • 申請書・様式
  • ふるさと応援基金
  • 交通規制
  • 健康カレンダー
  • ごみ処理
  • 採用・募集
  • 報道発表資料



広告欄

  • 純天草産!産地直送車えび (有)丸山水産
  • あかつき法律事務所
  • 上天草物産館 さんぱーる
  • 市ホームページのバナー広告を募集中!詳細ご案内ページへ移動します