前のページに戻る

平成31年度高齢者肺炎球菌予防接種事業について

更新日:2019年4月1日

平成26年10月1日より成人用肺炎球菌ワクチンが予防接種法に基づく定期接種に追加されたことから、上天草市では下記の方を対象に予防接種費用の一部を市が負担します。

対象者

上天草市に住所を有し、次の1〜4のいずれかに該当する方

  1. 65歳の方(平成31年度中に65歳になる方)
  2. 60歳以上65歳未満の方(※注1)
  3. 平成31年度中に70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
  4. 平成31年3月31日において100歳以上になられた方
    ※注1 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方であること(身体障害者手帳1級に相当する内部障害を有する方)

過去に高齢者肺炎球菌の予防接種を受けたことのある方は対象外となります。

平成31年度対象者

表:平成31年度対象者
年齢  生年月日 
65歳 昭和29年4月2日〜昭和30年4月1日生
70歳 昭和24年4月2日〜昭和25年4月1日生
75歳 昭和19年4月2日〜昭和20年4月1日生
80歳 昭和14年4月2日〜昭和15年4月1日生
85歳 昭和9年4月2日〜昭和10年4月1日生
90歳 昭和4年4月2日〜昭和5年4月1日生
95歳 大正13年4月2日〜大正14年4月1日生
100歳
大正8年4月2日〜大正9年4月1日生
101歳以上大正8年4月1日〜

接種期間

平成31年4月1日から平成32年3月31日まで

 市負担金の額および負担回数
表:負担金の額および負担回数
対象者 1・2・3・4に該当する方
市負担金額(1回あたり) 6,000円
市負担回数 1回

 *接種費用が市負担金額未満の場合:市負担金の額=接種費用額
 *上記対象者1.2.3.4に該当する生活保護法による生活扶助を受ける方:接種費用の全額

上天草市内の医療機関で接種の場合

医療機関に予約して予診票等必要な書類に記入し、接種を受けてください。
必要な書類は医療機関においてあります。健康保険証と健康手帳(持っている方のみ)を持参されてください。
接種料金は2,600円の自己負担となります。

かかりつけ医が他市町村にある場合の手続き

(接種前)
1週間前までに下記の申請窓口へお越しください。窓口で必要な書類をお渡しします。
申請に必要なもの:印鑑、予防接種費用助成申請書(申請窓口にご用意してあります。また、下記からもダウンロードしてご使用いただけます。)

他市町の医療機関で接種される方の接種費用申請書


(接種後)

表:広域化の医療機関と広域化ではない医療機関の違い
医療機関の種類  内容
広域化の医療機関
(※注2)
接種後、医療機関の窓口で2,600円をお支払いください。
広域化以外の医療機関 請求の申請をしてください。申請に必要なもの:高齢者肺炎球菌予防接種実施報告書兼申請書(医療機関の証明が必要)、予診票、印鑑

※注2 熊本県医師会と広域化契約の医療機関

※申請窓口 大矢野庁舎生活環境課、松島庁舎市民課、姫戸統括支所、龍ヶ岳統括支所
 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

上天草市役所 健康福祉部 健康づくり推進課 母子保健係
電話番号:0969-28-3376この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

ライフシーンから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 就学
  • 成人
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • 就職・退職
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • 防災・災害

くらしのガイドから探す

  • くらし・環境・まちづくり
  • 人権・学び・文化・スポーツ
  • 健康・福祉・介護
  • 経済・産業・雇用
  • 行政情報
  • 補助・助成

行政に関する情報から探す

  • 施設案内
  • 申請書・様式
  • ふるさと応援基金
  • 交通規制
  • 健康カレンダー
  • ごみ処理
  • 採用・募集
  • 報道発表資料



広告欄

  • 純天草産!産地直送車えび (有)丸山水産
  • あかつき法律事務所
  • 上天草物産館 さんぱーる
  • 市ホームページのバナー広告を募集中!詳細ご案内ページへ移動します