前のページに戻る

指定管理者制度について

更新日:2020年8月24日

指定管理者制度とは

指定管理者制度とは、平成15年9月の地方自治法の改正により創設されたもので、公の施設の管理運営を民間 事業者やNPO法人などの指定管理者に一括して委任する制度です。

指定管理者制度創設の目的

公の施設の管理運営について、それまでの管理委託制度の下においては、市の収支法人や公共的団体などに限定して、具体的な管理事務を委託していたところですが、多様化する住民ニーズにより効果的、効率的に対応するために、民間の創意工夫やノウハウを活かして住民サービスの向上を図るとともに、管理運営の効率化を図ることを目的として、民間事業者やNPO法人なども含めた幅広い団体に、施設の管理運営を委任できるようになりました。

公の施設とは

公の施設とは、住民の福祉の増進を目的として、住民の利用に供するために地方公共団体が設置する施設で、図書館や公園、福祉施設などが該当します。

指定管理者の指定手続の流れ

  1. 公告・公募(ホームページによる公募)
  2. 1次審査(事務局による書類審査)
  3. 2次審査(事業計画書によるプレゼンテーション審査)
  4. 選定(選定委員会において候補者を選定します。)
  5. 議会の議決(市議会にて指定の議決を得ます。)
  6. 協定書の締結(市と指定管理者と協定書を締結します。)
  7. 指定・告示(指定管理者として指定します。)

指定管理者制度の運用

「上天草市大矢野総合スポーツ公園」ならびに「上天草市松島総合運動公園」においては、平成20年度より導入しています。 

 

関連ページ

上天草市教育部指定管理候補者選定委員会について


お問い合わせ

上天草市教育委員会事務局 教育部 社会教育課 スポーツ推進係
電話番号:0969-28-3380この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事

ライフシーンから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 就学
  • 成人
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • 就職・退職
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • 防災・災害

くらしのガイドから探す

  • くらし・環境・まちづくり
  • 人権・学び・文化・スポーツ
  • 健康・福祉・介護
  • 経済・産業・雇用
  • 行政情報
  • 補助・助成

行政に関する情報から探す

  • 施設案内
  • 申請書・様式
  • ふるさと応援基金
  • 交通規制
  • 健康カレンダー
  • ごみ処理
  • 採用・募集
  • 報道発表資料



広告欄

  • 純天草産!産地直送車えび (有)丸山水産
  • あかつき法律事務所
  • 上天草物産館 さんぱーる
  • バナー 天草ケーブルネットワーク
  • 市ホームページのバナー広告を募集中!詳細ご案内ページへ移動します