前のページに戻る

婚姻届

更新日:2012年12月7日

婚姻(結婚)するときに届け出ます。

概要

届け出の日から効力が発生します。届け出は、婚姻する人が2人の本籍地または所在地のいずれか1か所にしてください。

届出には、婚姻届書と戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)または戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)を提出していただきますが、夫と妻の本籍地が上天草市かどうかにより、提出していただくものが異なります。

届出には証人が2人必要で、成年の方であれば親族その他どなたでも結構です。届出人欄は夫と妻が自分で署名し、印鑑を押してください。夫と妻の印鑑は届出の際ご持参ください。

なお、婚姻と同時に上天草市に転入される方は、転出証明書をご用意ください。

申請期日

婚姻(結婚)するとき

申請窓口

  • 市民課(松島庁舎)
  • 大矢野窓口センター(大矢野庁舎)
  • 姫戸統括支所
  • 龍ヶ岳統括支所
  • 各出張所

窓口受付時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで

※祝日、振替休日、年末年始の閉庁日および上記以外の時間帯の受付は松島庁舎・大矢野庁舎・姫戸、龍ヶ岳統括支所の警備員室のみ申請することができます。お預かりした届書は後日審査となりますが、届出日はお預かりの日となります。ただし、内容に不備な点がある場合は、後日補正をお願いすることがありますので、確実なご連絡先を届書にご記入ください。

婚姻届書の書き方については、難しいところがありますので、事前に上記の申請窓口にお尋ねください。

手続きに必要なもの

  • 婚姻届書(成人の証人2人が必要、男18歳、女16歳以上の未成年者は父母の同意が必要)
  • 2人(夫婦)の旧姓の印鑑
  • 戸籍謄本(抄本)(届け出場所が本籍地以外の場合)
  • お持ちの人は国民健康保険被保険者証
夫と妻どちらも本籍地が市外のとき

婚姻届書が1通と、夫と妻それぞれの戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)または戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)が1通ずつ必要です。

夫と妻のどちらかの本籍地が市内のとき

婚姻届書が1通と、市内に本籍地のない方の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)または戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)が1通必要です。

夫と妻ともに本籍が市内にあるとき

婚姻届書が1通必要で、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)または戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)は必要ありません。

※詳しくは窓口へお問い合わせ下さい。

手数料

無料

届出期間

届出の日から法律上の効力が生じます

届出人

夫および妻

届出場所

本籍地、所在地のいずれか1ヶ所


お問い合わせ

上天草市役所 市民生活部 市民課 市民係
電話番号:0969-28-3367・3368この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

ライフシーンから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 就学
  • 成人
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • 就職・退職
  • 障がい・福祉
  • おくやみ
  • 防災・災害

くらしのガイドから探す

  • くらし・環境・まちづくり
  • 人権・学び・文化・スポーツ
  • 健康・福祉・介護
  • 経済・産業・雇用
  • 行政情報
  • 補助・助成

行政に関する情報から探す

  • 施設案内
  • 申請書・様式
  • ふるさと応援基金
  • 交通規制
  • 健康カレンダー
  • ごみ処理
  • 採用・募集
  • 報道発表資料



広告欄

  • 純天草産!産地直送車えび (有)丸山水産
  • あかつき法律事務所
  • 上天草物産館 さんぱーる
  • バナー 天草ケーブルネットワーク
  • バナー広告
  • 市ホームページのバナー広告を募集中!詳細ご案内ページへ移動します